へようこそ
フランシュ・コンテへようこそ



France

フランシュ・コンテを旅してみませんか。フランスという国が発見できる最良の方法といえます。フランシュ・コンテ地方は、スイスと国境を接し、ドイツへの玄関口にあり、ブルゴーニュ地方とアルザス地方の間に位置しています。環境保護区域として守られている雄大な自然に親しみ、マウンテンバイクやウォータースポーツ、ハイキング、ルロット(トレーラーハウス)、パラグライダー、フィッシング、冬にはスキーやスノーシューズなど、アウトドアを満喫していただけます。フランシュ・コ riviere ンテには多くの川が流れています。切り立った山の斜面を流れでる水と広大な森林に恵まれ、フランスでも、最も美しい地方の一つに数えられます。湖や川、滝、深い渓谷を是非ご覧になってください。また、フランシュ・コンテには、ヴォージュ山脈とジュラ山脈の2つの広大な山地が広がり、地方自然公園にも指定されています。





フランシュ・コンテには、極めて多彩で特異な文化遺産が残されています。20世紀近代建築の巨匠ル・コルビュジエの代表作、「ロンシャンの礼拝堂」。この奇抜な建築に世界中から観光客が訪ねてきます。また、ユネスコ世界遺産 saline に登録された工業用建築の最高傑作アルケ・スナンの王立製塩所もその一例です。このように、フランシュ・コンテの8都市と23の町には、建造物、奇異なる光景、お祭り、ライフスタイルなど、知られざる宝物が隠され、過去から受け継がれた豊かな文化遺産を守り続けています。

jouets フランシュ・コンテの人々は、温かなもてなしの心を持ち、親しみを感じる魅力に溢れ、創造性が豊かです。フランシュ・コンテ出身の著名人がその典型といえましょう。狂犬病ワクチンや「パストゥリゼーション」と呼ばれる低温殺菌法の発明者であるルイ・パスツールや、自動車製造の草分け的存在のプジョー一家。彼らの創造力によって、フランシュ・コンテ地方の経済が築かれました。ジュラ地方には、ろくろ鉋工のノウハウをもとに、玩具製造が発達しています。現在、ヴィラックやモヌレ、スモービーなどの玩具メーカーが、木製玩具のスペシャリストとして活躍しています。また、15世紀からジュラ地方に時計産業が発展し、現在でも時計メーカーは地方経済の主要な地位を占めています。



鉄道建設のリーダー企業アルストムや、世界的に名高い自動車メーカーのプジョーもまた産業界を担っています。そのプジョーの博物館では、数々の資料や作品を展示して、プジョーの歴史を紹介しています。

フランシュ・コンテは、北にヴォージュ山脈、東にジュラ山脈が広がり、アルペンスキーやクロスカントリースキーを親しむ人には最適な場所です。メタビーフやレ・ルッスのスキー場をはじめ、数多くのスキーリゾート地があり、様々な施設や団体が皆様をお迎えし、どなたでも楽しめ、寛ぎと安らぎに満たされ、いつまでも心に残る滞在をお届けしております。

フランシュ・コンテの旅はまた、この地方の処世術 gastronomie に触れ、アルボワのぶどう畑から産する銘醸ワインを楽しみ、地元の新鮮な産物を豊富に使ったガストロノミーレストランで、美味しい料理を堪能し、「ヴァシュキリ(笑う牛)」(ラフィングカウ)のチーズを本場で味合う絶好の機会でもあります。フランシュ・コンテの中心都市ブザンソンで、ショッピングの至福のひと時もお楽しみいただけます。

年間を通じて数々のイベントが催されています。フランシュ・コンテの旅が一層充実したものとなるでしょう。

フランシュ・コンテで素敵な休暇をお過ごしください。